母の愛が伝わる思い出の振袖

とても素敵な着物を着せてもらいました。

私が着た振袖はレンタルしたものでしたが私に似合うかなりステキな振袖になりました。
レンタルなのでホテルでどんなのが似合うかの選ぶところから始まりました。
何百点とある中からとりあえず着てみたい色や柄を選んで試しに着てみますが、なかなか私に似合うものがありませんでした。
私は背が高く肩幅は広いほうなので柄が大きい方が似合うというアドバイスをいただきました。
店員さんが選んでくれたものを着てみるとものすごくかっこよく着こなすことが出来ました。

帯や飾りもそれに合うように試行錯誤しながら選び、選ぶだけで3時間かかりました。
次に着物屋さんに行ったのは前撮りの日でした。着付けや化粧に2時間はかかるとのことでした。
当日よりは時間にも余裕があるので丁寧にやってくださりました。
人に化粧をしてもらうのは初めての経験でしたし、ここで初めて正しい化粧のやり方を教わることが出来たのでいい勉強にもなりました。
ヘアメイクもしたことが無かったのでこんなゴリゴリに巻いて大丈夫かなともおもいましたが、かなり素敵なヘアメイクになりすごく嬉しかったです。
着物をちゃんと着るのもこの日が初めてでした。
中に着るものも沢山あるし、お腹にたくさんタオルを入れられるしすごく苦しかった記憶しかありません。歩きづらいですし。
前撮りもカメラマンの方が撮影する場所以外にもホテル内でいろいろやっていただけてすごく楽しい前撮りでした。

前撮り中は自分がモデルさんになった気分になり恥ずかしかったですが二度と出来ないことだろうなと思い楽しみました。
その次に行ったのが成人式当日です。当日は朝から何人もの着付けやメイクがあるので店員さんも総動員で動いていました。
時間もないので髪やったら化粧に回されいろいろグルグルしていた記憶があります。
運良く成人式がはじまるギリギリの時間に着付けができたので朝早いということはありませんでした。
着付けもやっぱり苦しくて成人式の最中も座っているのが辛いなと感じる時が何度もありましたが無事に成人式を終えることが出来ました。

久しぶり似合う友達もたくさんいたので終わってから友達とブラブラしようかととおもいましたが、苦しすぎて終わった瞬間に脱ぎました。
ヘアメイクもお風呂で落とすのが大変で3回くらいシャンプーしないと綺麗に落ちないものなんだなとすごく思いました。
あんなに綺麗にメイクしてもらったのにすぐ落としたりしてしまったのは勿体なかったですが。
それでも将来的に何回かは着物を着てみたいとすごく思いました。